2015年5月20日水曜日

CHRIS MENDOZA MEETS XLARGE® "EFFECT" LIVE PAINTING 2015/5/29 @ XLARGE STORE HARAJUKU (エキシビジョンのお知らせ)


5 月29 日(金)19:00 より、XLARGE® HARAJUKUにて、CHRIS MENDOZA によるライブペインティングを開催。皆さまのご来店お待ちしております。

A SMOOTH OPERATOR OPERATING CORRECTLY
CHRIS MENDOZA MEETS XLARGE®
"EFFECT"
SUPPORTED BY KB.JP

LIVE PAINTING @XLARGE® HARAJUKU
Date 5.29.fri
Time 19:00-21:00
Place XLARGE® HARAJUKU 
150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-29 
4-25-29 , Jingumae , Shibuya-ku , Tokyo 1500001

詳細はこちら

ニューヨークを拠点に活動をしているデザイナー、ぺインター、アーティスト「CHRIS MENDOZA(クリス・メンドーザ)」。80年代に過ごしたニューヨークのグラフィティーカルチャーに触れ、建築家であった父の影響、さらにはマヤ文明をはじめとする様々な古代・近代文化にインスパイアを受け、豪快さと繊細さを兼ね備えた、彼の独特なスタイルが作られている。それはまるで、古代文明と都市生活のミクスチャーによって生み出される、超常的・神話的な世界を表現しているかのようである。

Chirs Mendoza is New York-based designer, painter, and artist. He spent in NYC during the 1980's where he engaged in graffiti culture. Inspired by his father, an architect, as well as Mayan Civilization, and ancient and modern cultures, he constructs self-contained systems and creates a sense of movement and energy with sensitivity. Mendoza expresses the supernatural and mystical worlds by blending ancient culture and urban life.

今回のコラボレーションは、CHRIS MENDOZA とM.C.BOO が中心となった「EFFECT PROJECT」の第一弾。数学的かつ繊細に織り込まれた紋様のように、時間を表現。社会に新鮮な効果を生み出すのが目的。その記念すべきローンチにXLARGE®が参加し、5 月30 日(土)にコラボレーションアイテムをリリース。5 月29 日(金)19:00 より、XLARGE® HARAJUKUにて、CHRIS MENDOZA 本人によるライブペインティングを開催する。

XLARGE® launches the first collaboration of "EFFECT PROJECT", a project by Chris Mendoza and M.C.BOO, in May 30th (Sat.) The purpose of this project is to provide fresh effects to the society. It expresses "time" by using numeric and sensitive patterns. Live painting by Chris Mendoza will be held at XLARGE® HARAJUKU in May 29th (Fri.) from 7PM.

―――

BIOGRAPHY

ニカラグア出身のクリス・メンドーザは、ニューヨークとマイアミで思春期を過ごし、現在はニューヨークを拠点に活動するアーティストです。その作品は、生まれ故郷の自然や民俗、または都市生活の日常が抱える過密さや混沌といった、複数の土地での体験を反映しながら、モダニティ、原始性、そして有機的フォルムといった要素を描き出しています。

Chris Mendoza is a New York City based artist from Nicaragua whose work draws from the experiences of his native country and the influences of New York City and Miami. Mendoza's style bridges the modern, primitive, and organic. He draws strongly on the nature and folklore of his homeland, while interpreting the density and chaos of daily urban life.

80 年代に家族とブロンクスに移り住んだメンドーザは、建築素描の技術と当時のニューヨークを席巻していたサブウェイ・グラフィティの視覚言語―レタリングやカートゥーン・キャラクターの造形―を組み合わせた独自のスタイルを発展させていきました。建築師であった父から幼少時に教わった素描と建築の教養からは、さらにマヤ文明を始めとする中央アメリカや北アメリカの原住民文化、ヒエログリフ(象形文字)、ペトログリフ(岩石線画)、カリグラフィー、古代・近代のさまざまなアルファベットへと関心を広げ、それらは実際の作品に読み取ることができます。現在ももちろん、世界中の文字造形、色や光、運動などに対する強い関心を維持しながら、初期の影響を色濃く残しつつも幅広い制作が続いています。

In the 1980's his family moved to the Bronx, where Mendoza began to develop a style that combining architectural draftsmanship he learned from his father with the new inspirations of letters, faces, and forms that then covered the subways of New York City. At a young age, he learned drafting and about architecture from his father. This inspiration brought Mendoza to the study of Mayan, Central and Native American Cultures, hieroglyphs, petroglyphs, calligraphies, and alphabets from both ancient and modern cultures, which also inform his work. With great dedication he continued his study of world alphabets, color, light energy and movement, working in a range of styles that culminate all the influences of his early development.

また、メンドーザの画面が放つ運動感覚は、初期ヒップホップのミックステープから感じることのできる音響世界の視覚的マニフェストでもあるようです。聴覚と視覚の互換性は、普遍的・歴史的に検証されてきた芸術上の主題であり、メンドーザの試みもそのような広い系譜に位置付けられるものと考えることができるでしょう。それは個体としての人間が五感を通じて知覚する現実の日常世界の域を超えて、集合的無意識を媒介により超常的・神話的な世界にアクセスするのでもあります。しばしばメンドーザの作品に見られるサイエンス・フィクション的な要素は、古代文明と都市生活のミクスチャーからそのような神話世界を出現するためのモチーフだと言うことができます。

His paintings are grounded with descriptive line work that creates a sense of movement and energy. A visual manifestation of the sonic combinations found in early Hip-Hop mix tapes and performances emanate from his surfaces. Interchangeability between the sense of visual and audio is an artistic subject that has been pursued universally and historically, and Mendoza's practice can also be positioned in that context. It is something that goes beyond an ordinary world that an individual perceives through the five senses, instead, it enables an individual to access the supernatural / mythological world through so-called collective unconsciousness. Science-fictional elements that can often be seen in Mendoza's works function as motives to emerge such a mythological world from the mixture of ancient culture and urban life experience that are his resources of inspiration.

ARTIST STATEMENT

私の作品は、運動、エネルギー、抽象的ストーリーなどを紡ぐ描線、非物語的で図像的な描線に基礎づけられており、その画面上の情報の多くは、初期ヒップホップのミックステープに見られる音の世界、都市空間の喧噪、そのねじれたシンフォニーと音楽的パフォーマンスに由来しています。音楽は、私の創造プロセスにおいて、必要不可欠な役割を果たしているのです。私にとってドローイングは、存在しうるあらゆる物事の青写真です。

My paintings are grounded with non-narrative descriptive and/or iconographic line work that creates a sense of movement, energy and abstract stories. Much of my symbolic information is a visual manifestation of the sonic combinations found in early Hip-Hop mix tapes, the noise of the city, its broken symphony and musical performances I attend.

このようにして、私は自分自身と対話するということです。もちろん、日常生活のなかで、計画やアイデアを書き留めるための方法でもあります。心のなかや紙の上に抽象的なコンセプトをスケッチし、構成し、視覚化することで、私は日々の慣習、人類に共通する連帯を自分自身に思い起こさせます。時間は移り変わり、一瞬一瞬が、けして消すことのできない光のメカニズム(An Indelible Light Mechanism)になるのです。

Music plays a vital role in my creative process. To me, drawing is a blue print for all things to be able to exist. This is the way I have a dialogue with myself; a way to write down plans and ideas that come to me in the daily act of living. By drawing, visualizing and composing abstract concepts in my mind, and on paper I am reminded of my daily habits, a common thread of the human condition. Time Changes and Every Second Becomes An Indelible Light Mechanism.

http://www.chrisamendoza.com/
http://everydaywalkman.blogspot.com/

Mosa PAL - 75000




フランスからのビデオ。
パリで最も活躍するPALクルーからMOSAの単独ビデオが出ました。PALクルーは全体的にはタグもスローアップもピースも本当にスタイリッシュで芸術的です。このMOSAも同様にタグがとてもセクシーです。音楽やハングル文字なども用いてスペーシーなビデオに仕上がっています!!

CANEMORTO x BORONDO - Combo in Lisbon



ポルトガルからのビデオ。
首都リスボンから大きな橋が架かるリスボアの街。その橋桁にCANEMORTOとBORONDOの二人が大きな顔を描きました。橋桁に行くには海を渡らなくてはいけなく苦労していますが、素晴らしいのができています。絵と同じでBGMなども非常にあってるように思われます!!

more infos

2015年5月13日水曜日

KATSU - Drone Drawing 2015 on Kendall Jenner




アメリカからのビデオ。
何かと世間を騒がしているDRONE。そのDRONEを使いKATSUがビルボードにペイントしている様子を収めたビデオになります。操縦が難しくて何が書きたかったのか全くわかりませんがペイントしています。規制が厳しくなる今、こう言った無人ペインターがこれから増えていくのでしょうか?操縦技術が達人レベルに達しなければ難しように思います。


2015年5月9日土曜日

Buchawrestlers - Back In Business







ルーマニアからビデオ。
ルーマニアの首都ブカレストから東ヨーロッパグラフィティ最前線のビデオが登場。ストリートを中心に構成されているビデオです。ブダペスト、ブカレストは東欧で最もグラフィティが盛んな国です。東欧旅行をお考えの方は是非この二つの都市を訪れることお勧めいたします!!リンク先の写真がものすごくかっこいいので是非訪れて下さい。

more info

2015年5月7日木曜日

NAWAS & RFC X WELVÄERT - ‘NIGHTWATCH’





ベルギーからのビデオ。
WALVAERTとNAWASのコンビネーションビデオ!!NAWASだけのビデオでも面白いのにベルギーエレクトロの音楽と共にむちゃくちゃかっこいい編集。文句なしのビデオになっております!!グラフィティ好きだけでなくても、ベルギーエレクトロ好きにも必見のビデオです!!

more info

UCTWG - QUEENS CREW











アルゼンチンからのビデオ。
ブエノスアイレスからの女性グラフィティアーティストのみのビデオがリリース!!こんなビデオを待っていました!!どの部分を取っても絵になります。グラフィティは男性のものだけではありません!!10分近い動画ですがもっと見たくなります。


Le.gends 45 - Final Destination DVD Trailer



フランスからのビデオ。
トレーラーなのでどこの誰なのなかわかりませんが、またまた世界中を舞台に活動するトレインらインターのビデオです。本編が非常に楽しいになビデオです。このトレーラーの中になんとなく見覚えのある光景も出てきます。ハードコアトレインビデオが好きな方は必見です!!本編もお見逃しなく!!



Aeon, Ebot & Tizer - in India - part 2



インドからのビデオ。
先日もここで紹介したビデオの第二弾です。今度の場所はヒッピーの聖地GOAでのペイント状況をビデオにまとめております。バルセロナ出身のAEON(オーストラリア出身)、EBOT、TIZERの三人によるコラボは非常にスタイルも似ていて、見ていて安定感があります。

MTN HONG KONG - Writing on the wall



香港からのビデオ。
ヨーロッパなどからも今人気の街。なぜなら香港に住む人たちは非常にグラフィティに寛容で好きなようです。どのシャッターににも頼めばかけるとような状況。そのためHOPAREや著名なグラフィティアーティストなども多くきているようです。またそこでは香港のMTNディストリビューターが全てを引っ張っています。


URBAN FORCE&ANAGRA presents MAGNETIC KIMURA by DEMSKY&SAWE 5月22日 - 6月3日 @ ANAGRA(エキシビジョンのお知らせ)


MAGNETIC KIMURA by DEMSKY&SAWE

5/22-6/3

EVERYDAY OPEN 5pm-10pm
CLOSED MONDAY

ヨーロッパのグラフティシーンで唯一無二の個性を放つ2人のアーティストが東京半蔵門のANAGRAでエキシビションを開催いたします。

日本を含む世界の様々な都市で、精力的にを行い近年は彫刻作品も発表するDEMSKY。

そして日本では初めてのエキシビションとなるSAWE。彼はアニメーションとレトロな感性を武器に多くの人々を魅了してきました。

共に日本のアニメやテクノロジーから大きな影響受けながらも自身のルーツを独自に発展させて来た稀代のアーティスト達のエキシビション「Magnetic KIMURA」に是非足をお運び下さい。

:SAWE:

バルセロナを代表するニュースクールのグラフティライターであり、アニメーター、イラストレーターとしても活動しているSAWE。オールドスクールのスタイルとクラシックなアニメーションに傾倒した彼は、次世代の感覚と懐古主義的な要素をMIXさせたオリジナルのスタイルを確立しヨーロッパのグラフティカルチャーの異端児として活躍しています。




:DEMSKY:

90年代中頃からグラフィティライターとしての活動をスタートしたDEMSKY。20年以上に渡りヨー ロッパのシーンで活躍する伝説的グラフィティライターの1人だがその素性は謎に包まれています。UltraBoysの中心メンバーとしてクルーを牽引しながら世界中で作品を発表。新しい表現と制作の喜びを追求し続けています。




more infos

2015年4月24日金曜日

REMIO, BEGR, HAELER, PEAR - Remio's Visits 1xRUN in Detroit






アメリカからのビデオ。
グラフィティパラダイスデトロイトからREMIOやBEGR、HAELなど今のタレント勢ぞろいしています!!アメリカらしいスタイルのオンパレードです。REMIOのエキシビジョンの準備映像なども入っていて興味深いビデオです!!必見です!

more info
http://1xrun.com/runs/R_-_Yellow_Edition

2015年4月22日水曜日

HAZO - Une mamie vole des sprays et tague ( Teaser HAZO - Zoo Zapoï )



フランスからのビデオ。
HAZOのエキシビジョン用のフライヤーなのですが、作りが面白いのでご紹介。女装をしてストリートやトレインをペイントしています。後半にはショットガンでスプレー缶を撃ち抜いたりしていて映像がすごいです。キヤラクターをメインに書き上げるアーティストです。


2015年4月17日金曜日

Ligisd - Bombing With Ligisd pt.1



スウェーデンからのビデオ。
ストックホルムのストリート最前線のLIGISDのビデオ。編集はTAGS AND THROWS
WUFCやFYにも所属している彼のストリートオンリーです。インタビュー形式で進んでいきます。今までにもGUNSやLUSHなど各国のストリートアーティストを取材してきたTAGS AND THROWS、独特の白黒の映像美もまた美しいです。90年代初頭から活躍する彼の生き様を垣間見ることができます。

more info

2015年4月16日木曜日

REVOK - Presented by House Beer






アメリカからのビデオ。
REVOKの最新ビデオです。現在REVOKのホームタウン、ロサンゼルスで彼の初となるSOLO SHOWを行うためにスタジオにこもりっきりで仕上げている様子のビデオです。インタビュー形式で進んできます。彼は2000年代の後半に3つの国で容疑者扱いされ、今はスプレーでイリーガルなグラフィティをすることなく、このような作業を続けているようです。今後、彼のアーバンアーティストとして期待しています。

more info
http://www.revok1.com/

2015年4月14日火曜日

USH crew - I Just Write My Name (full movie)




ポーランドからのビデオ。
ポーランドの小さいグダニスクからグラフィティライターRIAMONEなどを中心に世界中を駆け巡るビデオです。特に香港からのビデオが多く、その後もリスボン、パリ、ロンドンなどをグラフィティ重要都市を転々としています。30近くあるビデオですが、配色やスタイルは申し分なくかっこいいです。ゆっくり時間あるときにでもご鑑賞ください!!


2015年4月11日土曜日

AEON & PONK - 'POSITIVES, NEGATIVES AND ACCENTS' IN BARCELONA




スペインからのビデオ。
AEONとPONK二人によりエキシビジョン広告用ビデオなんですが、非常に作りがいいです。タイムラプスにより途切れることなくビデオが進んでいきます。二人に息のあったビデオが完成しています。スタイルもふたりとも似ているので、一人一人の良さも前へ出ています!!

more info

2015年4月9日木曜日

Lek&Sowat O`CLOCK - Oxymores







フランスからのビデオ。
パリを代表するミューラリストやストリートを中心にやってるアーティスト、勢ぞろいしています。Lek&SowatやO`CLOCKなどなど、、今回はウィンドーディスプレーを一般人を巻き込んでジャックしています。メンバーの詳細はエンドロールで確認してみてください!!ビル全体が素晴らしいアートに変身しています!!

more info

CENO - City of Angels



アメリカからのビデオ。
またまたCENOのソロビデオがリリース!!前回のデトロイトバージョンと同じような内容です。今回の場所はCITY OF ANGELS(LA)です。デイタイムミッションが多い様です。今回はアイコングラフが少なくスローアップのみの緊張感あるビデオです!

more info
https://vimeo.com/user10105342